yasuuギャラリー HOMEへ

 ヘドラ アトリエG-1ソフビキット
30cm  ヘドラリアルソフビキット「成長期」 (硬質版) 
 
 今回は、目も光り、首も左右に動きます。もともと映画でも動きの少ない怪獣だそうです。
このキットの他に軟質版のゴムのような素材のタイプもあります。今回は、固定ポーズのジオラマにしたくて
硬質版を購入、製作しました。ヘドラ製作途中写真後、上塗りとしてタミヤエナメルの灰色を頭部を中心にドライブラシ。
スケール感を出すために足元から頭部にかけて明るくしました。その上にラッカークリヤー赤、青、黄を吹付け。
映画の様にキラキラ感を出したくて、ラッカーにパールホワイト混色。結果あまり変わらず(泣)
しかたないので、凹部にラッカーメタリックブラックを吹付けてみました。後、シルバーで少々ドライブラシ。
背面は、縞模様の境を、ラッカーブラックグリーンを濃い目に吹付けてみました。後ラッカークリヤーで艶出し。
全体には、ラッカー艶消し吹付けで、足元から頭部にかけて艶消しにしていきました。
足元は、艶あり、頭部カラカラ状態。腕、尻尾の裏は、奥田さんから黄色と聞いていたので黄色です。
 (ジオラマ製作)
素組状態のヘドラキットの出来が良かったので今回は、ジオラマの方に力が入りました。
建物は、鉄道模型Nゲージ用、グリーンマックス製のプラント工場キット。追加で工場設備(B)
工場廻りの配置のタンクも適当に組み合わせて配置してみました。
プレート名は「スモッグモンスター」 ウエーブ製プレート利用。
足元のヘドロは壁材ダフィックス製の上、ラッカー吹付け。
タンク炎上の炎は、発泡スチロールを接着剤溶かして形を整え、タミヤエナメル、アクリル塗り
 (製作して)
どうもメタリック系で吹付けした方が雰囲気にあっていたかも?
ラメ系を試したかったのですが、近所に店に適当な物が無くあきらめました
(ラメ系塗料は釣具屋さんにあるとかで色々探したのですが残念)
久々の模型製作もあり、完成品を眺めると結構出来もいいと自我自賛!!