yasuuギャラリー HOMEへ

カマキラス&ミニラ

(レジンシェフとうけけ団2004冬WF販売レジンキット)
カマキラス1967原型師/ビル・グドムンドソン
ミニラ1967原型師/川尻徹  
2004.8.24完成

「ひかりのらくがき」HPのBBSから始まった企画が、
一気にWFディラーへ!
このキットの原型師の川尻さんは
「ひかりのらくがき」BBSの常連さん。
さらにパラダイス等のキットを手がけている
柴田さん
まで加わって、WF初出展で全9種の
30cmサイズ怪獣ガレージキットを一気に販売。
管理人の山さんBBSに集まるの皆さん
パワーは凄いでんな〜。
そんな皆のパワーを分けて貰おうとこの完成品を、
2004WF「レジンシェフとうけけ団」
ブース内に展示して頂きました(感謝)
当日は、気恥かしくて遠くから眺めるばかりでしたが、
訪れる皆さんが眺めて行く姿を見ると持って来てよかった〜。
  
 
カマキラスは、ウェーブのボールジョイント
使って遊んでいます。
ん〜やっぱり動くキットは楽しい。
でもキャスト重量の関係で、
後足4本、頭は固定。
ミニラは踏まれてべたっとなった状態に
両手を切り取り位置変え。
完成品は、カマキラスに踏み付けられたシーン。

壊れた卵から生まれたばかりの赤ちゃんミニラ
カマキラスに転がされ、鎌で突かれ、
食べられそうになって慌てて逃げている。
そこへゴジラ登場!
カマキラスは、片足でミニラを押さえ付け睨み合い。
そんな映画のシーンをジオラマにしとります。

ベースの大きさは30cm角。

*WF(ワンダーフェスティバル)は、
幕張メッセで年2回開催、
 5万人以上の方が訪れる年2回のガレージキットの祭典。
 
製 作 日 記 
  2004/8/11
カマキラス&ミニラのベース製作
12mmの合板を30cm角に切る。
ホームセンターで売っている化粧板材で廻りを囲ってます。
下地木材15×15×1800mmを4枚に切る
裏に四方ビス止め固定。
その周囲に60×12×1800mmの化粧板材を外部よりビス止め。
使用ビスは、3.5×25mmの木工ビス使用(手元にあった物)
*もう少し細いビスの方がいいですよ(今回木が割れました)
木工用ボンドも併用しとります。
合板上に発泡スチロール18mm両面テープにて固定。
その上に、工作用軽い粘土を薄く擦りつけ
(気になる方は木工ボンド下塗り可)
★注意点は、発泡スチロール、
5mm程粘土の厚みだけ合板を下げて取付。
 軽い粘土2/3使用(子供工作用1個130円位)で完成
★なぜ発泡スチロール?軽い粘土?
 ベースを軽く仕上げると、作業効率が上がる、壊れにくい、
 持ち運びが楽等便利です。石膏は最近使いません(結構割れる)
 合板と粘土は直接触れない事。間に発泡スチロールを入れる
 直接粘土を合板の上に擦り付けると粘土の水分で、
 後々合板が反ってくる事があります
(何回も経験済み)
 

 
表面より4隅ビス止固定。ビスは埋め込む位締め付け。
組立後は、必殺木工パテにて隙間、ビス埋め処理
(誤魔化すのが上手)
木工パテはセメダイン社のガレージキットにも良く使うエポキシ製。
サンドペーパーにて表面処理(180番位)、仕上げに400番位
仕上げに、木目化粧テープを貼付けにより荒は隠れます。
木材は全部揃えても、無塗装化粧の飾り台より安い!
工具、接着材等は必要、ですがが好きな大きさに作れるメリットは大。

ベースは、鉄道模型用のコルクの岩。
細めと荒め両方使用。木工用ボンドを紙粘土に塗り上から
パラパラ振りかけ。
その上から、木工用ボンドを水で溶かし液を霧吹きにて吹く。
数回吹いて、しっかり固まるています。
塗装するときに、固定していないと吹き飛びます。 
  2004/8/13
カマキラスの眼の表現は色々検討しました。
眼の表現には、車のヘッドライトのパーツを貼り付ける。
瞬間接着材を一滴づつたらして固める。
エポキシパテを小さく丸めて貼り付ける。
悩んだ結果、一番簡単な方法が一番良い。
方法は、エポキシパテを薄く延ばして眼の部分貼り付ける。
細いストローを押し付けて型取りしていく。
ストローは、紙パック飲料等についているちいさなタイプ。
するとこの様になりました。ん〜良い

エポキシパテは、アメリカ製ワンダーパテ。
2012現在はマジックスカルプと同等品。

 
  2004/8/24
怪物屋の吉尾さんより
「スケール感を考えるとベースの土は
もっと細かい方が良いよ。
カマキラスと対比させる木々があれば
巨大感がだせるよ」
とありがたい吉尾さんのコメント。
アトラゴンの宮崎さんは
「カマキラスはジャングルや〜!」
慌てて少し木々を配置しました

後ろの東京タワーは違いまっせ〜(笑)

WFのように不特定多数の方々が見る場合、
そのジオラマに説得力が必要なんですね。
映画のシーンを切り取っただけでは、
一部の方にしか判りません。
まあワテのように、映画のシーンをきっちり再現できる腕もなく、
中途半端な腕では、
ジオラマの説得力だけでも大事だす。
カマキラスは観に来る皆さんと、目線が会うように顔をあげてます。
塗  装 
カマキラスは下地色にラッカー塗料
の艦底色にて吹付け。
その色をベースにして、白を混ぜて濃淡を
つけてみました。
どうも茶色すぎたようなので、
仕上げは赤系の色をのせてます。

昨日立ち寄ったローソンに動物パズル発見。
この卵型カプセルがミニラの
卵の大きさにピッタリ。使用。

卵の色は適当にDVDより
グレー系下地に、黄色のまだら模様。

複眼は、下地白の上から、
クリヤーオレンジとクリヤーイエローで塗り。
仕上げに上から、
毎度お馴染みデブコンクリヤー接着剤塗り重ね。
塗るときに劇中の眼球のように
電飾風に上部のみ明るく、
廻りを暗くしてみました。

ミニラは薄いグレー系です(えらい簡単)