yasuuギャラリー HOMEへ

2013夏ワンダーフェスティバル限定レジン版キット  未組立無塗装品
てんつく工芸製 鮫順さんの原型品 H36cmサイズ
「ゴジラ1954」
H25.8完成
 
2012年から1年以上、ガレージキットを作っていませんでした。、
ようやく2013年最初の完成品です。

その間も、ガレージキットは相変わらず購入していましたから、
増える一方なのは困ったものです。

口内を最初に塗装。
下地にホワイトサフェサー吹き、ピンク色で塗装、
クリヤーオレンジ、クリヤーレッドで変化をつけてます。

歯はホワイト塗装、クリヤーイエローを薄く塗ってます。

頭部接着、パテ処理、その後、油粘土でマスキング、
もう一度ブラックサフェサー吹き。

ボディは下地にブラックサフェサー吹付け。

爪はルーター、ペーパー掛けを繰り返して磨く。
薄いグレーで仕上げています。
気泡はタミヤ製パテで穴埋め。
背ビレは下地にホワイトサフェサー吹き。
ホワイトパールを仕上げにに吹き付け。

下地の上から、Mrカラーのブラックグレイを吹き付け。
下地の黒も影の部分は、出来るだけ生かしています。
そこから黒と白で調合したグレーを塗り重ねる。
だんだん白に近いグレーにしている。
使用するどの色もシンナーで薄く溶いた色なので、一度吹付けても、
色はあまりでません。2〜3度塗り重ねて色がはっきりしてきます。

黒目はC125半光沢カウリング色を塗装後、
C35明灰白色を薄く吹き付け。

少し黒眼の輪郭をぼかして白目の部分となじませ、
白目を濁らせています。

その内側の黒目をC71 光沢ミッドナイトブルー。

黒目の中心はC40 3/4つや消しジャーマングレー。

乾燥後、タミヤのエナメルクリヤーを目の全体に塗装。

最後にグロスメディウムを黒目の中心に落として盛り上げ完成。

目は黒を使わず、何色も塗り重ねる事で生物感を出し不気味に。

白目も白く見せず、眼球の下部は薄いグレーを塗って影をつけた。

塗料の光沢、つや消し、半艶は気にせず、
エナメル塗料で艶を整えている。

番号はMrカラーの品番を明記しています)

一般的には初ゴジは、斜視で再現されている。

私は、初ゴジの眼の斜視(ロンパリ)が嫌いで、
普通に塗てみたが、顔がどうしても優しくなり、
鮫順さんの完成品と同じ目の角度で修正。

 同じような写真になってしまったのは、
サイズが大きすぎて上手く撮れなかった為(下手糞)