yasuuギャラリー HOMEへ

海豹屋製ゴジラ対バラゴン
(WF限定当日販売キット H15.9.16完成)



海豹屋さんが、2003WF当日限定にて再販していたキットを購入。
ベース付、当時価格8000円也。
キットには気泡等しっかりあって、昔作ったガレキを思い出す作りでした。

(キット離型材落し)
ポリバケツに入れたキットをプレークリーンにて吹付け。
低部に液が貯まる位たっぷりと。次に一緒にお風呂に。
中性洗剤を歯ブラシにつけゴジゴジ。中性洗剤を混ぜた水に浸けしばらく放置乾燥
(下地処理)
MrHobbyのMr.レジンプライマーサフェーサー吹付
(ベース製作)
ベース付の下に、合板12mm2枚重ね張り
ベース本体と合板をビスと万能接着材にて接着。
パテに今回始めて
セメダイン製の木工エポキシパテ使用。
説明書に2材混合後4分間で使用と明記してましたが、確かに硬化が早い!
今まで使ったエポキシパテでは1番では?
大涌谷決戦ということで、木々も少々配置。
緑は、3種類のジオラマ用スポンジ?を細かく砕いて木工用ボンドにて接着。
土もブラウン系ラッカー色数色吹付け。
小口テープは、コルクテープをベースの厚みに切って貼り付け。
残ったテープを、さらに下部に重ね貼り。最後に、
ジオラマと色を合す為コルクテープの上にもラッカー吹付け。

ゴジラは樹木踏付け、バラゴンは樹木に埋れてます 。

(ゴジラ塗装)
接合真鋳線。継目はエポキシパテにて補修。
歯は、爪楊枝にて作り替え(つい爪楊枝があったので)下塗りにラッカーで混色した、
Vカラーのモンスターブルー色に近い色を吹付け。
背びれは、ラッカー混色アイボリー+ホワイトパール吹付け。
タミヤジャーマングレーでエナブラシ(エナメルドライブラシ)にて
凹凸を出す。ラッカー混色フラットスモークにて吹付け。
パステル混色にて明暗強調。
フラットクリヤー吹付け。仕上に土埃用パステルすり付け、フラットクリヤー吹き付け。
ゴジラ本体が高さ約14cm、全長約23cm位
なので、あまり拘った塗装はしていまへん。
目はスモーク吹付け、瞳を丸く筆に染み込ませたシンナーで落しました。

(バラゴン塗装)
バラゴンは、ラッカーウッドブラウン下地、
ラッカーピンク+クリヤーレッド混色吹付け。腹面模様は、タミヤジャーマングレーにて墨入れ。
後は、体色より薄いピンクにてエナブラシ。ゴジラと同じでバステル仕上。
背びれは艶ありチョコレート色吹付け。アクリル艶あり塗り。
目はくすんだ赤にウッドブラウン上から体色を薄ら吹付けぼかし、真中に黒。
黒目にエナメルクリヤーを落して盛り上げました。
バラゴン本体高さ約8cm、全長約16cm位 ベース寸法29cm×12cm

プレートはウエーブ製、市販のメタリックテープ貼り、付属のインレタにて文字貼り。